« 最後の晩ごはん 忘れた夢とマカロニサラダ / 椹野道流 | トップページ | 書店ガール(6) / 碧野 圭 »

2018年1月 3日 (水)

鈴木ごっこ / 木下半太

 借金を背負った者達を集めて疑似家族をする話です。 でもなぜ家族として1年暮らすだけで借金がチャラになるのでしょうか。 それにはカラクリが・・・

 お母さん役の小梅の独白から始まるこの物語は、その目的が謎かけなんですね。 最後のネタばらしがありますが、こーゆーコトどっかで起きていてもおかしくないなぁなんて思っちゃうほどリアルです。

カップラーメンは喰っていけません

|
|

« 最後の晩ごはん 忘れた夢とマカロニサラダ / 椹野道流 | トップページ | 書店ガール(6) / 碧野 圭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/66235889

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木ごっこ / 木下半太:

« 最後の晩ごはん 忘れた夢とマカロニサラダ / 椹野道流 | トップページ | 書店ガール(6) / 碧野 圭 »