« ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき | トップページ | 小枝<栗> / MORINAGA »

ダンジョン飯3 / 九井諒子

 魔物を調理して美味しく頂く「ダンジョン飯」3巻です。 本当にダンジョンがあったら携帯食料は干し肉とかになるよね。 もう3巻にもなると、料理が出て来た時に「うぇー」とかの擬音も出て来ないですよww

 さて、「亜人系の魔物は喰っちゃダメ」ってどーなんでしょね。気分の問題ってチルチャックは言ってますが・・・

 クラーケンが臭くてひどいえぐみがあるって・・・大王イカみたいにアンモニア臭がするんですかね?

 ケルピーの焼き肉って、もっと先に食べちゃうと思ってたけど、どうやって保管してたんだろ?痛まなかったのかね?

 ウンディーネって熱加えると水になんの? まぁシチューにしてしまえばいいよね。

旨そうだよね

|
|

« ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき | トップページ | 小枝<栗> / MORINAGA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/64189526

この記事へのトラックバック一覧です: ダンジョン飯3 / 九井諒子:

« ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき | トップページ | 小枝<栗> / MORINAGA »