« ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき | トップページ | 小枝<栗> / MORINAGA »

2016年9月11日 (日)

ダンジョン飯3 / 九井諒子

 魔物を調理して美味しく頂く「ダンジョン飯」3巻です。 本当にダンジョンがあったら携帯食料は干し肉とかになるよね。 もう3巻にもなると、料理が出て来た時に「うぇー」とかの擬音も出て来ないですよww

 さて、「亜人系の魔物は喰っちゃダメ」ってどーなんでしょね。気分の問題ってチルチャックは言ってますが・・・

 クラーケンが臭くてひどいえぐみがあるって・・・大王イカみたいにアンモニア臭がするんですかね?

 ケルピーの焼き肉って、もっと先に食べちゃうと思ってたけど、どうやって保管してたんだろ?痛まなかったのかね?

 ウンディーネって熱加えると水になんの? まぁシチューにしてしまえばいいよね。

旨そうだよね

« ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき | トップページ | 小枝<栗> / MORINAGA »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンジョン飯3 / 九井諒子:

« ここはボツコニアン3 二軍三国志 / 宮部みゆき | トップページ | 小枝<栗> / MORINAGA »

ブログパーツ

  • top

  • top

  • top

  • top

  • 『図書館戦争』公式サイト

お勧めGOODS




  • NEWお菓子なマスコット根付ストラップ(明治アポロ)40118301

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ