« The PREMIUM MALT’S 2016初仕込 | トップページ | NIKKA HIGHBALL ライムジンジャーエール »

桜ほうさら / 宮部みゆき

 宮部みゆき先生の時代物です。 甲州の言葉で、あれこれいろんなことがあって大変だ、大騒ぎだっていうようなとき、「ささらほうさら」とゆうそうな。

 国元で、収賄の疑いで役方の小納戸役である父親の宗左右衛門は自邸の庭先で腹を切ってはてた。 お家は廃絶になって長男は母親の家にお預けとなった。 次男の笙之介は、書生として下働きをしていたが、江戸に出ることになって・・・

 藩もとの巨悪に対し立ち向かう、仇もちなんですが・・・なんともしまらないww 父を貶めた偽造証文を書いた人物を何年もかかって探したものの、 黒幕は、実はよく知った人物で。

 宮部先生はハッピーエンドにしないよなぁ。 後味が悪くなるほどじゃないけど、ほろ苦さが残ると言うか。

頭の切れる女性ってイイよね

|

« The PREMIUM MALT’S 2016初仕込 | トップページ | NIKKA HIGHBALL ライムジンジャーエール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/63307239

この記事へのトラックバック一覧です: 桜ほうさら / 宮部みゆき:

« The PREMIUM MALT’S 2016初仕込 | トップページ | NIKKA HIGHBALL ライムジンジャーエール »