« けさくしゃ / 畠中恵 | トップページ | ダッジチャレンジャー の寸法 »

猫とわたしと三丁目の怪屋敷 / 奇水

 猫の話ですな。 長生きした猫は猫又になるっつーのはよく聞く話。じゃあ猫又になる前は? 10歳で人語を理解し、人間の言葉をしゃべり、あまつさえ人の姿に変化出来るww

 猫の集会に紛れ込んだ少女は、「鏡」を与えられ、猫の相談事を解決する「猫の手」なる役を拝命する。 切りつける事で心を操ることに出来る「剣」と、猫の命の「勾玉」と共に、持ち込まれた猫の困りごとを解決していく。

 久しぶりに「やおい」って単語を思い出したよ。クライマックスがないのよ。 猫の物臭による説明不足、とりあえずそーゆーものって設定が多すぎて感情移入しにくいなぁ。 主人公の妹が兄の職業知らないってのもどーなの? いくら中学生でもありえんでしょ?

 世界観は良いからもったいないなぁ。2巻ではもっとはっちゃけて欲しいなあ。

言葉が足りない

|

« けさくしゃ / 畠中恵 | トップページ | ダッジチャレンジャー の寸法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/61639646

この記事へのトラックバック一覧です: 猫とわたしと三丁目の怪屋敷 / 奇水:

« けさくしゃ / 畠中恵 | トップページ | ダッジチャレンジャー の寸法 »