« 頑固あげポテト 日清のどん兵衛鴨だし味 / コイケヤ | トップページ | 神様の御用人(3) / 浅葉なつ »

ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ / 三上延

 ビブリア6巻です。 いきなり五浦が病院で寝ていますよ。 あんな丈夫な男が! 今回は太宰の「晩年」にまつわる話から、もっと稀覯本、月曜荘版「駆込み訴へ」限定版に舞台が変わり・・・ドロドロした人間の確執がお金のやりとりと共に生臭く香ってきます。

 ついこの間のように語られる、太宰の人生の苦悩とその生涯。その時代を生きた方が未だに記憶と共に生存している。 歴史の一場面では無い、ついこの間の話。

 アンカットに値が付くのは分かるが、それを切り開きながら読む要求ってのには同意できないなぁ。高いならなおさら。

さて、付き合っていた彼女の過去と自分の過去が交錯する時

|

« 頑固あげポテト 日清のどん兵衛鴨だし味 / コイケヤ | トップページ | 神様の御用人(3) / 浅葉なつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/61213114

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ / 三上延:

« 頑固あげポテト 日清のどん兵衛鴨だし味 / コイケヤ | トップページ | 神様の御用人(3) / 浅葉なつ »