« 猫とわたしの七日間 / 小松エメル 他 | トップページ | coffee vanilla Haagen-Dazs »

一鬼夜行 /小松エメル

 「うわん」を読んでエメル先生のファンになりまして、既刊を読むことにしましたよ。ジャイブ小説大賞を受賞したこの作品は、百鬼夜行から落ちた憎まれ口はたたくものの憎めない子鬼の「小春」と、落ちた先の般若みたいな顔つきの古道具屋「喜蔵」の妖怪だらけの物語である。

 あっちこっちで妖怪と遣り取りしていくが、どうも元凶は小春にあったようで、天狗とやりあった際にこぼした「百年後」を覚えていたようだ。当時は化け猫だった小春は子鬼に代わり力も小さくなっていたが。

 最後には百鬼夜行に戻れた小春。さて続刊は同繋がるのか?

妖怪よりも貌の怖い人間て(笑)

|
|

« 猫とわたしの七日間 / 小松エメル 他 | トップページ | coffee vanilla Haagen-Dazs »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/60908753

この記事へのトラックバック一覧です: 一鬼夜行 /小松エメル:

« 猫とわたしの七日間 / 小松エメル 他 | トップページ | coffee vanilla Haagen-Dazs »