« 薩摩 天空七夕 田崎酒造 | トップページ | LOOK ROYAL クッキー&クリーム / FUJIYA »

江戸猫ばなし 光文社文庫編集部編

 猫にまつわるアンソロジーです。

 短編ミステリーっぽいのが多いんだけど、猫自体が異形のものになるタイプと猫は刺身のツマ程度のものまである。 そのなかでもやっぱ赤川次郎はスゴいな。のっけからグイグイ引き込まれるよ。

 気になったのは「猫の傀儡」 なんか今読んでる「神様の御用人」とカブ・・・・らないか(笑)

 猫は思慮深そうで、神秘的なトコがあるからだろーね。 犬じゃこーゆー話は出来ねぇよなー

猫は可愛いつーことで

|

« 薩摩 天空七夕 田崎酒造 | トップページ | LOOK ROYAL クッキー&クリーム / FUJIYA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/60352875

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸猫ばなし 光文社文庫編集部編:

« 薩摩 天空七夕 田崎酒造 | トップページ | LOOK ROYAL クッキー&クリーム / FUJIYA »