« 昨日は、猫の日でした。 | トップページ | Caramel Corn DlakeCort / Tagato »

神様のカルテ 3 / 夏川草介

 「神様のカルテ」3巻です。 相変わらず地域医療の最前線で働く内科医の一止。長年尽力を尽くしていた内科医が亡くなってから、目の回るような日々の忙しさに翻弄されていた。しかし、新規内科医が採用されて・・・ 自分の信念に疑問を抱き始め、答えを求めに本庄病院を一旦去ることに。

 いやー読めば読むほど、医療界のドロドロさがわかってきますなー。 誰が悪いってわけでもないんだろうけど、慢性的に医者は足りず、中途半端な知識を詰め込んだ患者はコンビニ受診を繰り返す。 医者の存在意義と目的とは。

 答えの出ない問題なんだな。

で、後藤隊長と外村師長はどうなったよ

「医者っていう仕事はね、無知であることがすなわち悪なの。」「生きることを舐めきっているような人に、時間を費やすつもりはない」

|
|

« 昨日は、猫の日でした。 | トップページ | Caramel Corn DlakeCort / Tagato »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/59186665

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のカルテ 3 / 夏川草介:

« 昨日は、猫の日でした。 | トップページ | Caramel Corn DlakeCort / Tagato »