« CUP NOODLE BIG GARLIC KALBI / NISSIN | トップページ | 麦とホップ 黒 / SAPPORO »

2013年8月 3日 (土)

神様のカルテ / 夏川草介

 なーんか今さら感がありますが(笑) 大阪出張時に読みましたよ。 やっぱ一泊出張くらいだと、文庫本2冊くらいが限度かな?

 物語は信州の山中の24時間365日診療をかかげる病院で奮闘する若い医師の話です。現状の医療現場の問題が赤裸々に描かれていますな、慢性的な医師不足、次から次へと運びこまれてくる救急患者、コンビニと勘違いしてるんじゃないかと思われる問題患者、手の施しようのない末期患者の扱い。

 人間の尊厳を保ちながら、死期を迎えるのは難しい。遺族の疲労はピークに達したままいつ解放されるかという終わりのない感覚に自分を責めるのも手伝って苛まれる。 それでも亡くなったときには、医者を糾弾するのだ。

 「医療の底辺」と呼ばれる医療現場と最先端の医療を学べる大学病院では、明らかに医師の役割は違っていて、どちらも必要だしどちらかが素晴らしい訳でもないだろう。 それでもこの医師の足りない時代は、患者に接触してくれる町医者のがどれだけ救われるだろう。不安な患者は一声かけてくれるだけで違うのだ。

 はたして40時間以上も働きづめの医師に家庭を顧みる余裕はあるのか? 患者も大事だが、自分の家庭が崩壊していくのはどーなのか。

 また、医師自身が倒れたらどうなる? 誰が責任を持ってくれるのか。 

 自分の死期について良く考えておきたい。無駄に延命するのが本当に良いことなのか。今一度身近な方たちと良く話し合っておくといいな。 

明るい話はないな

 結構淡々と暗い話が続いていくので、そーゆーのが苦手な方は避けた方が無難。 でも きちんと一度は考えなきゃいけない話だ。 誰にでも読んで欲しいし考えて欲しい。 うーん矛盾があるなぁ(;´Д`A ```

« CUP NOODLE BIG GARLIC KALBI / NISSIN | トップページ | 麦とホップ 黒 / SAPPORO »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様のカルテ / 夏川草介:

« CUP NOODLE BIG GARLIC KALBI / NISSIN | トップページ | 麦とホップ 黒 / SAPPORO »

ブログパーツ

  • top

  • top

  • top

  • top

  • 『図書館戦争』公式サイト

お勧めGOODS




  • NEWお菓子なマスコット根付ストラップ(明治アポロ)40118301

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ