« 大江戸妖怪かわら版(2) / 香月日輪 | トップページ | 小枝 2つの栗のモンブラン / MORINAGA »

夏天の虹 みをつくし料理帖 / 高田郁

 出張に出るとよく本を読みますな。移動時間って皆さんどうしてるのかね? 

 コレは、出がけに買ったんですが、シリーズものだったのね。知らずに最新刊買っちゃったよwww まぁそれで、話が面白くなきゃアレなんですが、話に出て来る料理の旨そうな描写とか、揺れ動く人間模様とかなかなかですなー そーいやドラマになるそーでおめでとうございます。 でも北川景子じゃ下がり眉じゃないよねー

 今巻では、断ってしまった縁談の相手小松原の祝言をみて匂いも味も分からなくなってしまった澪を描いてます。またよき仲間であった又次を失うなど、艱難辛苦がまたもや降りかかります。 それでも前を向いて生きていく姿に胸が熱くなりますなぁ。

柚べしでもつくるかな

|
|

« 大江戸妖怪かわら版(2) / 香月日輪 | トップページ | 小枝 2つの栗のモンブラン / MORINAGA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/55670224

この記事へのトラックバック一覧です: 夏天の虹 みをつくし料理帖 / 高田郁:

« 大江戸妖怪かわら版(2) / 香月日輪 | トップページ | 小枝 2つの栗のモンブラン / MORINAGA »