« BLEACH(43) / 久保帯人 | トップページ | かっぱ えびせん 紀州の梅 / カルビー »

2010年2月 7日 (日)

孤宿の人 / 宮部みゆき

 ようやく読み終わりましたよ。 表紙の上下巻のトコがうさぎの形になってるのが不思議に思えたのですが、最初の数行でイミが分りますよ。

 主人公は、ほう(呆、方、宝)なのに、物語は宇佐を中心に進んで行きますねぇ。時代的には徳川十一代将軍家斉公のころ、四国の小藩に元勘定奉行の加賀殿が流罪となってくることに、そのため静かだった ここ丸海藩が次から次へと災難に逢う事になっていく。

 「感動の時代ミステリー」とありましたが、最後はちょっと じんときましたねぇ

宮部みゆき先生は描写がすごいよねぇ

« BLEACH(43) / 久保帯人 | トップページ | かっぱ えびせん 紀州の梅 / カルビー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 孤宿の人 / 宮部みゆき:

« BLEACH(43) / 久保帯人 | トップページ | かっぱ えびせん 紀州の梅 / カルビー »

ブログパーツ

  • top

  • top

  • top

  • top

  • 『図書館戦争』公式サイト

お勧めGOODS




  • NEWお菓子なマスコット根付ストラップ(明治アポロ)40118301

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ