« 頂の一杯 坦々麺 / NISSIN | トップページ | プライド (第11巻) / 一条ゆかり »

米国版スクラップインセンティブ、勝者と敗者は?

 米国で新車市場回復の起爆剤として7月下旬に導入された「CARS」(カー・アローワンス・リベート・システム)。制度開始から1週間が経過し、いわゆる「キャッシュ・フォー・クランカー」と呼ばれるスクラップインセンティブ特需の恩恵を享受できた自動車メーカーが明らかになった。やはり、燃費性能に優れる小型車をメインにそろえる日本メーカーが中心だった。

 うーん? 日本のエコカー減税も買い換える車との燃料消費比較で行うべきだと思っていたんだけどねー。

 やっぱりってゆーか、夢のない車たちに買い換えられていっちゃうのね(笑) エクスプローラーの下取り率高けーなww あとグラチェロとか。 もっとスポーツカーを手放すと思ってたけど、無いのね。

でも、バットマンモビール欲しい(笑)

|

« 頂の一杯 坦々麺 / NISSIN | トップページ | プライド (第11巻) / 一条ゆかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/45870005

この記事へのトラックバック一覧です: 米国版スクラップインセンティブ、勝者と敗者は? :

« 頂の一杯 坦々麺 / NISSIN | トップページ | プライド (第11巻) / 一条ゆかり »