« 蝶よ花よ4 / 吉原由紀 | トップページ | プティフランス アマンドアシェ / 不二家 »

2007年11月 4日 (日)

ミステリアス学園 / 鯨統一郎

 光文社のミステリーフェアで出会いました。鯨氏は「邪馬台国はどこですか?」しか読んでいないので、歴史ミステリ派だと思い込んでいたのですが本書には「本格推理小説」とあるではないですか。これは読まずにはいられません。

 とはいえいつもジャケから入る私ですから佐久間氏の絵が気にいったのは間違いないんですが、最大の見せ場のマトリョーシカにナイフが突き立って血が溢れている部分が帯に隠れて見えないではないかぁ!

 とまぁそれは置いといて。この物語は本格ミステリについて書かれている。問題は、何が本格かということだ。 とかく数字で評価されない文学作品中でもミステリというジャンルは体系化が顕著であり、また読み手の好みによって最高の賛辞を得られたり、こき下ろされたりします。 で、その中でも「本格」は謎解きを主眼に置かれた論理的に解決された推理小説にあたる。・・・まぁ驚かせるのが目的って考え方もあるか(笑)

 本格は、それぐらいにしておいて この作品は平易な文章と学園物を思わせる情景で、軟派な印象を与えますが、なかなか一筋縄でいかないのが面白い。一気に最後まで読み進んでしまいました。本格とは何か?を知りたい方、謎解きが好きな方には最高!です。

他の鯨作品も読みたくなったなぁ(笑)

最後の推理作家たちの本格ミステリ度MAPは、一見の価値あり。 自分の好きな作家さんはどこにいますか?読む本に迷ったときにもイイね。

« 蝶よ花よ4 / 吉原由紀 | トップページ | プティフランス アマンドアシェ / 不二家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミステリアス学園 / 鯨統一郎:

« 蝶よ花よ4 / 吉原由紀 | トップページ | プティフランス アマンドアシェ / 不二家 »

ブログパーツ

  • top

  • top

  • top

  • top

  • 『図書館戦争』公式サイト

お勧めGOODS




  • NEWお菓子なマスコット根付ストラップ(明治アポロ)40118301

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ