« エクセレンスダーク70% / リンツ | トップページ | まるごと凍らせ梅酒 / サントリー »

あやめ横丁の人々 / 宇江佐真理

 時代小説・・・いや、考証的に言えば江戸時代に こんな話は、在り得ないのでしょう。

 一時の感情で人を殺めてしまった、お武家の三男坊。逃げ込んだ先は一癖も二癖もある住人達が住んでいる横丁だった。しかも、皆自分の過去には口が重い。

 あやめ横丁の名前には、花の「あやめ」の他に、もう一つ意味があります。 この殺伐とした世の中にこそ、この話を読んで欲しいものです。「・・手前ェがされていやなことは人にもしちゃならないってことさ」

読み終わったあと、胸を締め付けられる悲しいお話です。

でも、人との関係を良く考える助けになります。

|

« エクセレンスダーク70% / リンツ | トップページ | まるごと凍らせ梅酒 / サントリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/15347840

この記事へのトラックバック一覧です: あやめ横丁の人々 / 宇江佐真理:

« エクセレンスダーク70% / リンツ | トップページ | まるごと凍らせ梅酒 / サントリー »