« エクセレンスダーク70% / リンツ | トップページ | まるごと凍らせ梅酒 / サントリー »

2007年6月 7日 (木)

あやめ横丁の人々 / 宇江佐真理

 時代小説・・・いや、考証的に言えば江戸時代に こんな話は、在り得ないのでしょう。

 一時の感情で人を殺めてしまった、お武家の三男坊。逃げ込んだ先は一癖も二癖もある住人達が住んでいる横丁だった。しかも、皆自分の過去には口が重い。

 あやめ横丁の名前には、花の「あやめ」の他に、もう一つ意味があります。 この殺伐とした世の中にこそ、この話を読んで欲しいものです。「・・手前ェがされていやなことは人にもしちゃならないってことさ」

読み終わったあと、胸を締め付けられる悲しいお話です。

でも、人との関係を良く考える助けになります。

« エクセレンスダーク70% / リンツ | トップページ | まるごと凍らせ梅酒 / サントリー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あやめ横丁の人々 / 宇江佐真理:

« エクセレンスダーク70% / リンツ | トップページ | まるごと凍らせ梅酒 / サントリー »

ブログパーツ

  • top

  • top

  • top

  • top

  • 『図書館戦争』公式サイト

お勧めGOODS




  • NEWお菓子なマスコット根付ストラップ(明治アポロ)40118301

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ