« マーブルチョコレートあんこ風味 / 明治 | トップページ | ダッジ見てきました。 »

2007年5月27日 (日)

葉桜の季節に君を想うということ / 歌野昌午

 出張の車中で読んでいたんですが、第57回日本推理作家協会賞受賞、第4回本格ミステリ大賞受賞の大作です。

 のっけからビックリします。「射精したあとは動きたくない。」ですからねぇ(笑) でも、この作品の真骨頂は、こんな官能小説めいた表現にあるのではありません。 読むものの推察とか感情とかを逆手に取った展開が続きます。 物語は結構起伏に富んで、グイグイと引き込まれます。 ・・・でも常に裏切られ、驚きます。私たちはなんて先入観でモノを考えているのかということを(笑)

 ちょっと長めですが、この位が一気に読めて満足できますね。ハラハラドキドキが好きな方に、オススメ。 そういや恋愛小説にもなっているかも?

でも、結末は口にしないように(笑)

« マーブルチョコレートあんこ風味 / 明治 | トップページ | ダッジ見てきました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉桜の季節に君を想うということ / 歌野昌午:

« マーブルチョコレートあんこ風味 / 明治 | トップページ | ダッジ見てきました。 »

ブログパーツ

  • top

  • top

  • top

  • top

  • 『図書館戦争』公式サイト

お勧めGOODS




  • NEWお菓子なマスコット根付ストラップ(明治アポロ)40118301

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ