« ガトーバナーヌ / 森永 | トップページ | たけのこの里ほろにがクッキー&クリーム / 明治 »

イタリア人騒然! 奇妙なフィアット 500

Photo_event_20040803a フィアット『500』は、1957年から75年まで18年間にわたって造られた、戦後イタリアを代表するリアエンジン国民車である。ところがその500に奇妙な1台が現れて、イタリア自動車ファンの間で議論を呼んでいる。
 問題の500は、今年初めからフランス系石油会社トタールのCMに登場している。ドライバーが居眠りを始めた500を、親切な給油所員がスタンドの端まで静かに手押しして行く、というストーリーである。「疲れたら即、休憩を」キャンペーンの一環として制作されたものだ。

議論を起こしたのは、その直前の給油中の場面である。ドア直後に付いたフューエルリッドを開けて給油するシーンだ。

だが本物の500はフロントフードを開けたうえ、内部にあるタンクにガソリンを注ぐ。つまり、CM中の車は実際には有り得ない500であり、さらに別のシーンを見ると左右両サイドに給油口があることもわかる。

写真は本文と関係ありません(笑)

なぜ、そんなチンクを作ったんでしょうね? てゆーかチンクってカワイイよね。日本でパーツの供給が豊潤なら乗りたい1台だなー。

 実は、ワタシの実家の近くにチンクエチェント博物館が在って、頻繁に見かけるんですよね。 

|
|

« ガトーバナーヌ / 森永 | トップページ | たけのこの里ほろにがクッキー&クリーム / 明治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/14318071

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア人騒然! 奇妙なフィアット 500 :

« ガトーバナーヌ / 森永 | トップページ | たけのこの里ほろにがクッキー&クリーム / 明治 »