« タイトル部分 | トップページ | 全龍分パスタ »

黄色い表紙は勇気の印、24時間戦えますか?

リゲイン、リゲイン、僕らぁの~リゲインっ♪そういえばあのCM曲のCD買ったっけ。ドコいったかな牛若丸三郎太。
loadImagePC 黄色以外はぜんぜん関係のない、あの黄色の表紙の雑誌です。今、定期購読しているのはこれと新聞くらいだな。
 読み始めた経緯はちょこっと変。大昔(独身時代)はスズキの2シーターオープン「カプチーノ」v12231a に乗っていて、コンパクトオープンなら欧州車を参考にしなくちゃと「ティーポ」を読み始めて、同じ出版社のネコパブリッシングに所さんが載っている雑誌があるってコトで
読み始めたのだけど、ハマりましたよね。
 所さんの魅力はムダに熱くないユルーイ感じ。作る曲調にも現れてるし、TVの司会でもテンポ良くはないけど独特の雰囲気があるよね。そういう人が好んで乗るアメリカ車はどんなだろう?という思いが高まっていったのね。昔、所さんに薦められて買ったというさんまのクーダがTVのバラエティでたけしのベンツの隣でボコボコにされていたけど。ベンツやポルシェ等は最新のモデルが最良とされるけど、アメ車は違うよね?まぁそう
いう思いが高まって実際に買ってしまったけど、さすがに最初からビンテージやレイトモデルは日常の足には心配なんで新車になったけど(笑)
 ああ、また本題から外れてる(笑)雑誌の方はなにかと比較されるA-●arsに比べ広告が少なく記事がたっぷりあって読み応えあります。特にストチャレのコーナーでは編集者や著名人がかませ犬になってくれるのでパーツ選びとか、大雑把なお値段とか、頼りになるショップ等、すごく参考になります。
ジョイテックさんhttp://www.joytech-website.com/page182.htmlもそうやって知りましたし。同じ県に住みながら全然知らなかったものねぇ。
 インターネット通販とかは、購入者側が知っている事を探すには検索性が高いので便利だけど、一見ムダに見えるウインドウショッピングとか見聞を広げるための記事の斜め読みとか大切と思ったのでした(斜めかい!)

|

« タイトル部分 | トップページ | 全龍分パスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144483/6519280

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い表紙は勇気の印、24時間戦えますか?:

« タイトル部分 | トップページ | 全龍分パスタ »